サイトマップ
環境に優しい溶融亜鉛めっき

溶融亜鉛めっきはエコロジーな技術です。

私たちが提供している溶融亜鉛めっきの技術は、基幹産業、住宅、輸送など、社会に広く支持されています。
その理由は溶融亜鉛めっきが時代のトレンドである「省資源」「環境保全」にマッチした技術だからと考えます。通常、塗装は数年ごとの塗り替えメンテナンスが必要であるのに対して、溶融亜鉛めっきは、皮膜の寿命が永く、日本の大部分の地域では50年以上のメンテナンスフリーを実現するエコロジーな技術であり、従ってコストパフォーマンスで大きなアドバンテージを誇っています。

溶融亜鉛・アルミ合金めっきを初め更なる長寿命化の研究に挑戦をしております。

横浜ガルバーの3Rへの取り組み

亜鉛を回収再利用しています。

MZR

MZR

溶融亜鉛めっきに使用した亜鉛を再利用するために、MZRという設備も導入しています。この設備は、一度使用した亜鉛を、不純物と亜鉛に分離させ、再利用するためのもの。約8時間かけて不純物を分離させた亜鉛は、再び、工場内に戻され、溶融亜鉛めっきに利用されています。

高度化廃水処理施設を導入し環境に配慮しています。

排水処理施設

排水処理施設

工程内で使用した廃水の処理にも最大限の配慮を行っています。最新鋭の高度化廃水処理施設を導入することによって、環境負荷物質をとことん除去しています。もちろん一部は工程内で再利用も行っています。このように環境保全を実践し社会に貢献する企業市民としての役割を果たしています。