サイトマップ
企業情報

事業紹介

めっきの歴史は長く、太古の昔から鉄の耐久性をあげるために用いられてきました。その中でも、溶融亜鉛めっきは、1742年にフランスの化学者Melouinによって発表され、以来、広く利用されています。1836年に特許が取得され工業化に成功。主にヨーロッパで盛んになりました。私たち横浜ガルバーが行っているのも、この溶融亜鉛めっきです。亜鉛が鉄よりも低い温度で溶融することを利用して、鉄の表面に均一にめっきすることで、小型から大型まで、様々なサイズのニーズに対応。さらに、複雑な構造物でも対応できる優れた品質管理とノウハウを駆使して貢献しています。

さらに横浜ガルバーでは、ただ溶融亜鉛めっき業を行うだけではなく、付帯作業として考え得るすべてを手がけることで、より付加価値の高いビジネスを展開しています。リン酸処理や重防錆などの特殊加工。ボルト養生、タップ養生、非めっき処理や組み立て作業、仕分け作業までを請け負うことで、業界内にあっても必要不可欠な存在として高く支持されています。



道路・鉄道

国土交通省・NEXCO発注分を主体に新路線・保全路線等標識柱・ガードレール部材・防音壁部材・免震・制震部材・落橋防止装置・道路フェンス・落石防止部材・防護材部材等
JR各社・私鉄各社・電鉄各社等架線部材・軌道部材・防風部材・防音部材・通信部材・車両基地

道路・鉄道 道路・鉄道 道路・鉄道

建築構造物

全国鉄骨協同組合各社・地元ファブ等大型プロジェクト物件・再開発物件・マンション・病院・立体駐車場鉄骨・大型新設工場・外部階段部材・庇部材
各省庁及び庁舎などの公共建築建屋部材・各施設のフェリポート・大型ビル塔屋部材等

建築構造物 建築構造物 建築構造物

住宅・設備・装置

木造・プレハブ・システム住宅メーカー・地元工務店等より発注されている一般住宅基礎材・外壁補強材・外階段・外柱・ベランダ部材・太陽光・太陽熱部材
免震・制震部材・クーリングタワー部材・受水槽タンク金物等

住宅・設備・装置

海洋・電力・通信

港湾保全・浮桟橋・空港連絡橋・浮ドック部材・防玄材・船舶用儀装品・配管材
東電・関電等電力各社・鉄塔メーカー・通信鉄塔メーカーからの発注分を主体に送電線鉄塔・パラボラ鉄塔・通信アンテナ鉄塔・変電所関連部材・照明塔
地中アンカー部材等

海洋・電力・通信 海洋・電力・通信